テニスの試合で勝てるようになりたい、誰でも勝てる方法があります。

脚に負担をかけずに楽に動かしていく考え方

  • HOME »
  • 脚に負担をかけずに楽に動かしていく考え方

シングルスでが、左右前後の動作が大きく脚を動かしやすい状況でいることが大事になっていきます。
このポイントは、戻りの「サイドステップ」、「クロスステップ」、「バックステップ」やボールへスムーズに入っていくためのポイントでもあります。
まずは練習の中で意識し反復して身に付けていきましょう。

股関節周りを動かしやすくするために、上体を起こしていきましょう

脚が動かない原因の一つとして「上体を倒し股関節周りを動きづらくしていること」です。
上体が倒れていることで前後左右、ジャンプ動作が難しくなります。上体を起こし脚を動かしやすい状況にしていきましょう。


左:上体が倒れ股関節周りが固くなる
右:上体を起こし股関節周りが柔らかくなる

膝を軽く曲、脚を動かしやすい状況でいること

膝は、太もも周りや膝に重さを感じればか感じる程、動きは重たくなり動きづらくなってしまいます。
つま先よりも膝を前に出さず膝を軽く曲げた状態で動いていきましょう。

sks002
左:膝を深く曲げ思い重心で動かしている
右:膝を軽く曲げ膝を楽に動かしている

脚を広げる幅は「肩幅程度」にし、スムーズ動きを

脚を広げていく幅は広ければ広い程、重心が落ちスムーズな切り返しや動くことが難しくなっていき負担がかかってしまいます。負担をかけないためにも脚を広げていく幅は「肩幅程度の広さ」で動いていきましょう。


左:脚を大きく広げて重心を低くしている
右:脚を肩幅程度に広げ、動きやすい状況でいる

RSS 才能のない人代表 花木俊介

PAGETOP
Copyright © 才能がない人でも勝てるシングルス All Rights Reserved.